読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

言語化されると救われます


昨日は月に一度のお楽しみ、U会だった。
午前中は子育てセッション。


最近どうすればいいかわからなかったことを相談してみた。


今のウサギはこちらの話は大概わかる。
でも自分の気持ちは伝えられない。
やりたいことを思うように出来ないフラストレーションで、ぎゃー!ってなったり、モノ投げたり、叩いたり。
こういうのって喋れるようになったら変わってくるよ、って言われる。


出来るだけやりたいことをやりたいようにやらせてあげたいけど、子供同士とか公共の場所っていう社会の中ではそうもいかない。

仲良しのお友達同士で遊んでる時はぎゃーぎゃーやりあっててもお互い様だからいいのだけど、公園や支援センターで知らない母子同士で遊んでるときなどはとっても気を使う。


おもちゃを無理やり奪って奪われて叩いたり叩かれたりギャー泣いたり。うさぎはやり返すよりすぐ泣く。

泣くと相手の子は大して悪くないのに、悪いみたいになってしまう。

相手のおかあさんに気を使わせてしまう。お互いに申し訳ない顔をしながら無理やり子供を引き離していく、みたいな状況。


こどもたちかわいそうだな〜って思ってたけどどうすればいいのかわからなかった。


「そういう時は気持ちを代弁してあげてください」


だって。


好きなようにさせてあげられないけれど、ママだけはちゃんとウサギの気持ちわかってるよってことで救いになるらしい。。


で、早速そんな話をした後のこと。


ラクダくんと遊んでておもちゃの取り合いになり、例によっておもちゃ奪われて泣くウサギ。

おもちゃが欲しいのは見て明らかだけど、ラクダくんだってそのおもちゃで遊びたいから、他のおもちゃ差し出して「こっちで遊ぼうか」って誘うんだけどそういうの全然聞きかんの。


ここまでがいつものパターン。


ラクダくんのおもちゃ指しながら、

「ウサギはあのおもちゃであそびたいんだ?」って聞いた。

そしたら「うん」って。

あ、泣き止んだ( ゚д゚)

そのあとはあんまり覚えてないけど、とにかくいったん収集がついた。



こ、これは!!!イケる!!!?



今朝、やたらとおっぱい飲みたがった。もうさっきから散々遊び飲みしててウンザリしてたから、
私は「もうやだー」って拒否した。

するとぎゃーってなってよこせよこせ攻撃してきた。
こうなるともうおっぱいあげるまで諦めないモード。いつもは「またか〜」ってうんざりしながらあげちゃうんだけど。


私「おっぱい飲みたいの?」
ウサギ「うん」(泣き止む)
私「でもママ疲れちゃった。」
ウサギ「・・・・」
私「他のことしてあそぼ!(^○^)」
ウサギ「うん!\(^o^)/」
絵本を取りに行った!


すごい。なにこれ。


代弁するだけで、とりあえず落ち着いてくれる。


以前は、言葉で言えなくてもウサギの言いたいことはその行動でわかるから、とにかく「じゃあこうしよう」とか解決策を示したり、「それはウサギのおもちゃじゃないから勝手に遊べないよ」って先に理由を伝えていた。



ダメな理由を伝えたり代替案を示す前にウサギの気持ちを代弁すればよかったんだ!!



ウサギの表情で、すとん、って落ち着くのがわかる。

大人でももやもやしてるのだけど自分で説明できないなーって時に頭の良い人がさらっと言語化してくれると「それそれー!」ってなるやつ。あれと一緒?


これってもしかして卒乳活動に使えるかなあ?とか思ったり。