おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

優等生コンプレックス

JWAVEの朝の番組聞いてたら上戸彩がゲストで出ていた。

 
手紙書くのがめっちゃ好きなんだって。家族にも書くんだって。
普段は言いにくい感謝の言葉を改めて伝える、とかじゃないらしいよ。普段から感謝の言葉は伝えてるけど、もっともっと色々素直な気持ちを綴るんだって言ってた。
 
 
感謝の言葉は普段から伝えてる。。。だと!?
 
 
さらっとそんなこと言っちゃってる。めっちゃいい子。ベッキーと親友なだけあるね。類友だね。ポジティブで真心なオーラが全開だね。
 
 
はあ、お腹痛い。
 
私の優等生コンプレックスが刺激されてる。。
 
 
明るい、元気、いつでも笑顔、辛くても笑顔(だって笑顔が幸せを引き寄せるから!)、友達たくさん、親友には何でも話す、人が好き、動物が好き、自分がある、自己主張する、引き寄せの法則、家族大事、家族仲良し、家族には何でもはなーーーーす!!!ぜいはあ。ま、まぶしい。まぶしいまぶしいまぶしい。
 
 
私は誰にも何にも話さない。っていったら大げさだけど、肝心なことは話さない。ブログにはちょっと書くけど、自分の気持ちをアウトプットするのって匿名でも勇気がいる。夫にも家族にも親友だって思ってくれた子にも話せない。ちなみに話を聞くのは好きだから「あんたと話してると居心地のよいソファーに座ってる気分になる」と(たぶん)、褒められたことがある。
 
 
世の中には何でも口に出して伝えることが良いという考えがある。
感謝の言葉を伝えるとか、問題があれば解決のために話し合うとか、家族は何でも話せた方がいいとか、「困ったらオトーサンに何でも言うんだぞ!」みたいな。親友みたいに何でも話せるママと娘☆みたいな友達親子も増えてるとか増えてないとか。
 
口に出して伝えることがイイ事だっていうプレッシャーすごく感じる。
だから話せない自分が劣等生だしダメ女だし、自分の感情をださないことが損なことなんじゃないかって思うこともある。実際素直な気持ちを表現できる子はかわいいからね。
 
でもいいんだ。感謝の言葉、伝えたいと思ったら伝えればいいし、(すごい勇気を振り絞るけど)問題解決の必要があれば、その時は助けを求めたらいい(ドキドキするけど)。そう言うときはがんばって自意識をいったん押しのける。必ずしも、言葉にして伝えるっていう手段じゃなくてもいい、とか思って自己正当化しようとしています。
 
言葉で伝える必要性を感じていないってのは私の自分勝手で都合のいい解釈なのかな?傲慢なのかな?甘えなのかな?夫と私は無口同士、それなりに居心地良くやってるし。義理の母は私たちの無口さにいらいらしてるからね。
自分は話さないけど子供には話して欲しいって求めるのも無理あるし。
 
結局はなせないのって自分をよく見せたいだけだから。どうしようもない自意識だから。黙っているのがつらくなったらがんばろう。そうじゃなかったら無理しないでいいのかな。
 
ほーよーりょくのあるおっさんとか、一見頼りなげなクラスメイトとか、疲れてるサラリーマンとか、下心が見え隠れする宅配便のおにいちゃんとか、もう誰でもいいんだけどぎゅっと抱きしめて「かわいいやつ」って言ってくれたらもうそれでいい気がする(=^ェ^=)
 
 
 
なわけないか。
 
 
先生わかりません。
わたしは迷子のままだけど今日はこれまで。
また気が向いたら考えよ。
 
 
この曲、「キッチン」って曲だとずっと思ってた!
すき!