おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

白T

好きだ。無地の白いTシャツが好きなんだ。また買った。BDGというブランドの、アメリカだとurban outfittersというセレクトショップで売ってるんだ。1枚12ドルでめちゃ安いんだけどわたしはここのTシャツが好きすぎる。透け感とフィット具合。XS。ぴったりしすぎず、ダボダボ過ぎない。身体のラインがきれいに見える。乾燥機にかけても(むしろかけたほうが)いい状態。

国内で5000円以上する生地がよろしい白Tもたまに買う。ジャーナルスタンダードとかヤエカとかで売ってるやつ。生地がいいとほんとにぱっと見で、品良く見えるからいいよね。

とにかく無地の白いTシャツを着ていると気分がいいのだ。雨宮まみさんの「女の子よ銃をとれ」で、自分自身でいられる服との出会いを書いていたと思うけど、私にとっては、白無地Tがそれなのだ。

白無地Tに黒のホットパンツが好き、白無地Tに同じく白いボーイッシュなショートパンツで男の子っぽいけどオール白コーデだから品良く見えて(ほしい)いい。あと、ちょっとがんばろうという時にはペンシルスカートと合わせるし、大人っぽくしたいときはベージュのクロップドパンツと合わせる。基本的にTシャツはぜんぶボトムスにイン!そしてこういうシンプルなコーデにはぼうしなどの小物が重要。キャップを合わせるかストローハットを合わせるかで雰囲気が全然変わるので楽しい。私の数少ない容姿の長所は「帽子が似合うところ」なのでその長所を存分に活かして楽しんでいる。

今年はふんわりした膝丈スカートやサーキュラースカートも流行ってて、Tシャツと合わせたらそりゃまたかわいいと思うけど私の場合だと子供っぽくなってしまうのでやらない。髪の毛が長くなったので、大人めでボーイッシュなコーデがバランスがとれてしっくりくるのだよ。


ロゴもプリントもない無地のTシャツ。なんにも主張してない。なんにでもなれる。すばらしすぎる大好きすぎる。来年もまだ白Tが似合うわたしでいるだろうか。

コーヒー、カレー、チョコが好きなのと、食べるの下手でよくこぼすので本当は白い服は向いていないけど気にしていない。