おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

ベイマックスー!

ベイマックスー!!
叫びたい叫びたい!!

めちゃくちゃかっこいい映画だった。
3Dでの飛行シーンはほんと観てて気持ちよくなっちゃうかんじ。
うわ〜ふわ〜きんもちいいいいいいぃじぃぃぃってなるのよ。
飛行シーンといえばヒックとドラゴンもかなりよかったけど、質量をかなり上回っててもう声出そう!出ちゃう!


ストーリーは、えっとこれアメコミ?アメコミの小さい子供向け?ていう印象。肉親の死とか復讐心とか能力の悪用とかヒーローになる成長過程を描かれてるけど、単純化されてて、なんかあっさりなんだよね。
その辺の物足りなさもまあディズニーだからそんなダークにしちゃダメだよねと思うしいいのだけど。
(3歳児はところどころ怖がってた)


ベイマックスがめちゃくちゃかわいくてガチャガチャやったくらい好き。(おすわりベイマックスは入手できず)
まわりが敵だ!復讐だ!正義のために戦う!なんて言っている中で、ベイマックスはひとり、善人だろうが悪人だろうが全ての人の健康を守ろうとしている。ロボットとしてそういうプログラムだからそう動くのは当然なのだけど、その私利私欲の超越した存在になんとホットさせられたことか。ベイマックス作った兄貴がすばらしいって話になるわね〜。


とにかくヒーローたちの活躍ぶりがかっこいいのだけど、でもなんていうかちょこっと心の隅でもやりとする感覚があって、なんだろうと思ったのだけどたぶんね、登場人物たちにまったく共感できないんだ。まったくは言い過ぎかな?でも友達にはなれなさそうなんだよねー。


元々、好きなことがあって、その研究をする頭脳も機会も仲間にも恵まれていて充実した日々を送っていた学生たち。もうそれでいいじゃん。。そんなにキラキラしてるのにさらにヒーローになって輝いちゃおうなんて眩しすぎるぜ。。かっこよすぎるだろおおお!!!嫉妬!!!!!
あーわたしが絶対交わらない世界だわ!
てかんじですかねー。

スパイダーマンとかキックアスとか元がショボい男子が奮闘するのはがんばれーって感情移入しちゃうけど、あいつら元々すげえやつらじゃん。。みたいなねー。

なんだか続編も期待できそうなエンディングだったよねー。




次は2Dの字幕で観に行きたいな。

ベイマックスーーー!!!!