おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

萌えねば

風立ちぬ』テレビでみた。
劇場でも子ども連れて観に行ったんだ。
子どもさんはこの作品が初めての映画館体験になった。

観終わってすぐまた観たいなーと思った。

なんとも美しいものがたりだろう。作り物は最高だ。

とにかく堀越二郎に萌える。まず、メガネでしょ。メガネ男子大好物ですよ。あのボサボサの髪型で、寝ても覚めても飛行機のことしか考えてないんだもん。さいこうでしょ!最大の萌えポイントはあの喋り方。大人になった二郎が最初に声を発したシーン(汽車の中かな)、その声を聞いて思わず吹き出しそうになったのを覚えている。「来たな」と親友の本庄に声をかけられて「うん、来た」と答えたりする朴訥さがかわいいよー!それでいて恥ずかしがり屋とか不器用な男ではなく、好きな人にちゃんと素直に気持ちを伝えられるしキメるとこはキメる。自分がどう思われるか心配する自意識が全くないのだよね。常に自分の内面以外のところに意識があるよね。薄紫色のスーツも平気で着ちゃうよね。あーんわたしもそんな人間になりたかったーっ。ふうふう。それから、親友本庄との絡みがいいんだよねえ。ボケとツッコミ。異なるタイプの秀才美男子(しかもお金持ち)が切磋琢磨している。。!きゅーん。


いい映画には魅力的な男女が登場して観客をきゅんきゅんさせてくれるものだよね。『スターウォーズ』のハン・ソロ、『アイアンマン』のトニー・スターク、『キック・アス』のヒット・ガールちゃん、などなど。あとコナンくんもだいすきです。人じゃないけど『猿の惑星』の最新作のシーザーもやばいよね。



こないだ観た『ベイマックス』はベイマックスにも散々萌えるのだけど、ヒロにも個人的に萌え要素があってキュンキュンしたのだった。それは彼のスキッ歯。前歯と前歯の間がちょっとだけ空いてるの。あれって前歯が大きい日本人にはあまり見かけない気がする。別にすきっぱフェチとかじゃないのだけど、ヒロのあのすきっぱはかなりチャーミングだとおもた。最初からすきっぱでデザインされていたのか、製作途中で誰かが「すきっぱにしてみたら?」と思いついたのだろうか。。知りたい知りたい知りたい。。


いじょう、すけべな目線からの風立ちぬ感想でした。