読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさかなにっき

オクラもいろいろネクラもいろいろ

暇なOLことわたし

勘違いしないでほしい。暇なのは仕事中だけでプライベートは充実しております。実際のところ育児や家族サービスに追われており自分の時間はほとんどありません。とにかく忙しいということです。夜は疲れ果てて、子供と一緒にバタンキュー。朝は子供と一緒に目がさめる。本やマンガを読む時間はありません。

 

それなのに、だ。仕事中は暇なのだ。わたしの仕事は部署のアシスタント的な仕事だ。重要な役割は任されていない。たまに翻訳もやらせてもらえる。本当はガリガリ翻訳の仕事をするのが理想なのだけど、なんせ経験がないのでそれでも雇ってもらえて翻訳を少しでもやらせてくれるんだからありがたく働かせてもらっている。

 

そう、翻訳が毎日できなくてもしょうがない。でも、他の仕事もないのだ。

 

最初は上司に「何かやることありますか?」と聞いていた。でも「ない」と言われ続けてもう聞くのをやめた。

 

気の合う同僚とおしゃべりしたり、ネット見たりして遊んで過ごすこともある。

 

でもたいてい寂しくなる。わたし以外の人は忙しそうだしチームで楽しそうに談笑しながら仕事している。。!!

 

孤独とは群衆の中にいてこそ感じるものだ。寂しい。いじけてトイレで涙を流したりもした。でもさすがにそれはいくらなんでも子供っぽすぎるだろう。自分で自分に嫌気がさしてトイレで泣くのはもうやめた。自分で自分を被害者にしたそこで試合終了だよって名言あったよね?

成熟した人間としてのわたしにできることってなんだろう、考えて実行するのみ。

 

菊池成孔なら、朝井リョウならどうする?と考える。ちなみに菊池成孔朝井リョウは大好きというか私とは性格が正反対の方向にあってとにかくこの人になりたいと思わせられる方々なので、彼らならこの状況を面白おかしくどうにかしちゃうんだろうなあって考える。

 

他の職場を探すという選択肢もちろんある。でも1年以内に辞めるというのは、「内申に響く」的なアレがあるでしょ。履歴書に響くでしょ。こっちにもそんな都合があるもんだから、文句を言いながらも私はこの職場に少なくともあと半年は居続けるつもり。(続ける理由は他にもある)

 

菊池成孔朝井リョウみたいな気の強いタイプ、にはなれないとして例えば要領のいい人ならこういう時どうする?主体性を持って生きる人ならどうするか。

 

私が考えたのは、部署内の他の人たちと仲良くなって仕事をもらう、ということ。

 

森茉莉ならこういう時どうする?

あっけらかんと、無邪気に仕事無い仕事くれとアピールできる性分だったら私はどんなに幸せだったろうね。すてきだろうね。

 

 

「俺と席が離れて元気ないね」大人の余裕を装って優しさの混じった優越感とあとはレモン風味が少々 #tanka

 

目があった とっさのほほえみ伝わらない とりのこされた マスクの中で #tanka

 

月曜日から金曜日まで働いているから土曜日歯医者に行く #tanka